ガン治療時の虚弱症状改善に注目される『冬虫夏草』

ガン治療は様々な弊害や副作用がある化学治療や放射線治療が主流ですが、古来中国で「不老不死の薬」「不治の病を治す神薬」として有名な『冬虫夏草』を使った治療に今注目が集まっています!

癌(がん)と冬虫夏草

がん検診などで癌が見つかると精神的なショックが大きく、鬱になったり体調が悪化するケースも少なくありません。

がん治療の選択肢として、化学治療や放射線治療が今でも主流であるため、多くのがん患者は髪が抜けるなどの副作用にも悩まされてきました。

 

なんとか化学治療以外にも、がん治療に有効な手立てはないものかと医学研究が日々行われていますが、冬虫夏草が含有する成分に注目が集まっているのです。

中国ではすでに臨床試験も行われており、虚弱症状を改善する働きや、免疫反応の増強、がん細胞の成長の抑制など、冬虫夏草ががん療養者の病後を補助する働きがあることが立証されました。

 

しかし、がんの病後療養に効果があると分かっていても、本場中国やチベットなどの高地で採取される冬虫夏草では、安定した採取が望めない事、輸入制限にひっかかり入手が困難なこと、そして高額な市場取引であることなどから、がん患者への安定供給が難しく実用的ではありませんでした。

そこで、日本古来より伝承されている養蚕業の経験と知識を生かし、国内における冬虫夏草の人口培養研究が始まったのです。

日本人特有の生真面目さと熱意で本場の土壌や環境を調べ上げ、最高級の冬虫夏草と評されるコウモリガの幼虫に寄生した冬虫夏草の上をいく品質を目指し、そして遂に純国産の冬虫夏草の培養に成功したのです。

 

今のところ、冬虫夏草が直接『がん細胞』を攻撃をしたり消したりする効果があるわけではありませんが、冬虫夏草は世界で約400種類が確認されているので、今後の研究次第では抗がん効果以上の重大な価値を持つ冬虫夏草が発見される可能性はまだまだ未知数です。

 

天草みどりファーム『冬虫天草』

冬虫天草熊本・天草で栽培された冬虫夏草100%の『冬虫天草』は、粉末タイプとカプセルタイプがあります。
従来の虫が付いた冬虫夏草のように煎じる必要がなく純粋な状態を粉末にしているので、有効成分を効率よく吸収することができます。

冬虫夏草100%の『冬虫天草』のご購入はコチラへ